原因・対応

無気力になって不登校になった子どもへの適切な対応とは?

不登校の原因は様々ですが、中には学校生活や自分の人生にやりがいや楽しさを感じることができず、不登校になってしまう子どももいます。

人生に対して無気力であるがゆえに、学校にも行けなくなるのです。

子どもが無気力になるのは、

「両親の不仲や離婚を目の当たりにする」

「家族などの近しい人間が亡くなる」

「挫折や失敗を繰り返してしまう」

といったことを経験し、人生にがんばる意味を見出せなくなることが原因となる場合が多いです。

一方で、無気力な状態というのはまわりから見るとどうしても怠けているように見えるので、親としては不安や苛立ちが募ってしまうときがあります。

そこでこの記事では、

「無気力による不登校の特徴

「無気力による不登校の4つのステップ」

「それぞれのステップにおける傾向と適切な対応」

の3つをお伝えします。

私は、自分自身の不登校を経験をもとに、今まで300人以上の不登校のご家庭を支援してきました。

適切な対応をすれば、無気力による不登校は必ず乗り越えることができます。

それでは具体的に解説していきます。

ABOUT ME
タカジン
自分自身も不登校になった経験を活かし、300以上の不登校生の家庭を支援してきた不登校カウンセラー。不登校生の保護者の相談サービス『ぴあぽーと』を運営。

無気力による不登校の特徴

無気力,不登校,特徴

無気力による不登校の特徴としては、高校入学後の早い時期に起こることが多いです。

精神的に大人びている小中学生にもよく見られます。

元々休みが多かったり、学校生活には意欲的でなかったりする傾向があります。

まじめで落ち着いている子どもが多く、基礎的な学力は備えていることが多いです。

そのままほうっておくと、長期的なひきこもりになる可能性が高くなります。

早期に解決すること、ステップに応じて対応することが大切です。

特に高校生の場合は、義務教育ではないので退学できてしまうのですが、退学して引きこもると社会から孤立する恐れがあり、注意が必要です。

無気力による不登校の4つのステップ

無気力による不登校は、「逃避期」「苦悶期」「休息期」「回復期」の4つの時期に分類されます。

簡単に言うと、逃避期は学校を休み始める時期です。

この時期に上手く対応できると復帰がスムーズですが、そうでなくても大丈夫です。

ステップ① 逃避期の傾向と適切な対応

無気力,不登校,逃避

自分の気持ちを語らずに不登校に

なんとなく元気がなくなり、学校を休みがちになります。

最初はまじめに学校生活を送っていますが、次第に勉強に身が入らなくなり、部活動などにも参加しなくなります。

成績は下降線をたどり、無気力になっていきます。

友だちはいますが、当たり障りのない関係であることが多いです。

家族や家庭訪問に来た先生を拒絶することはありませんが、自分の気持ちはあまり語りません。

「ほっといてほしい」と言うことが多いです。

無気力の原因を考えよう

まずは子どもの気持ちを理解し、不登校を休むことを認めてあげましょう。

その上で、どんな気持ちなのか話を聞いてみましょう。

「ほっといてほしい」と言われることもあると思いますが、「気が向いたら話してね」と声をかけ、定期的に話を聞いてみましょう。

無気力を引き起こしている環境や背景がわかったら、極力取り除いてあげるようにしてください。

また、お子さんの興味や関心のあることの話をし、本人の意欲を引き出しましょう。

不登校であることは気にせずに、

  • 好きなこと
  • 得意なこと
  • 興味のあること

をどんどん応援してあげてください。ほめてあげてください。

可能であれば、学校に行くことを友だちに誘ってもらうのもよいと思います。

ステップ② 苦悶期の傾向と適切な対応

無気力,不登校,苦悶

ますます人と距離を置く

夜更かしが増え、ひどい場合は昼夜逆転の生活になり、生活リズムが乱れていきます。

表情は暗くなり、自室に閉じこもって全く外出しなくなります。

家族とは必要最小限のことしか話さなくなり、特に男女ともに父親との関係性が悪化する場合が多いです。

家の中では自分の趣味や、ゲーム、ネット、マンガを楽しんでいます。

仲の良い友だちとも会いたがらなくなります。

ただ、ひどく落ち込んだり傷ついているわけではなく、あくまで無気力で疲れているように見えます。

子どもが周囲とのつながりを保てるようにしよう

今の状態に理解を示し、不登校を受け入れましょう。

先生の訪問や友だちの誘いには親として感謝の気持ちを示して歓迎し、お子さんが周囲とのつながりを保てるようにましょう。

そのつながりが、お子さんが復帰するときの大きな支えとなります。

ただし、本人が会おうとしない場合は意思を尊重し、次にまたきてもらう約束を一旦してください。

高校生で進級の見込みが立たなくなったら、休学や退学してもいいと伝え、本人の葛藤を和らげてあげましょう。

あわせて読みたい
不登校経験者の僕が通信制高校に編入した理由と感想【体験談】こんにちは。不登校カウンセラーのタカジンです。 私はオンラインで不登校生の親御さんの支援しながら、不登校生専門の塾でボランティア講...

ステップ③ 休息期の傾向と適切な対応

無気力,不登校,休息

少しずつ前向きな姿勢になる

生活のリズムが少しずつ改善されて、家族と一緒にいる時間も増えていきます。表情も少しずつ良くなります。

友だちから誘われると、一緒に出かけたりして楽しく過ごせるようになります。

家庭訪問に来た先生とも話ができるようになり、行事に誘われると前向きに考える姿勢を見せることもあります。

勉強や進路について調べたり、アルバイトに興味を示したりします。

出席日数や進級のことをいい意味で気にするようになります。

不登校であることを気にせずに応援しよう

子どもが周囲とのつながりを維持できるように、引き続き友だちの誘いや学校の先生の家庭訪問は歓迎しましょう。

また、本人の得意なこと、好きなこと、興味のあることは、どんどん応援しましょう。

そういった取り組みをどんどんほめて、自己肯定感や自信を育むことにつながります。

お手伝いを頼み、子どもが家の中での役割や居場所を感じられることも大切です。

  • つまずくことがあってもいいこと
  • 色々な選択肢があること
  • 自分らしくいてほしいこと

を伝えてあげてください。

そうした応援が、なにより子どもの力になります

進級の可能性がある場合は、本人に対してまだ大丈夫であることを伝え、安心感を与えましょう。

あわせて読みたい
不登校生の親は子どもに「学校に行きなさい」と言わない方がいい?こんにちは。不登校カウンセラーのタカジンです。 先日、お子さんが不登校の親御さんから「学校に行きなさい」って言わない方がいいかどう...

ステップ④ 回復期の傾向と適切な対応

無気力,不登校,回復

不登校を乗り越えていく

学校の先生や友だちの呼びかけに応じながら、少しずつ学校に行けることが多いです。

また、学校に行けなくても自分なりに進路を考えるようになります。

誰にも相談せずに自分一人で、復学、進路、アルバイト、留学、就職といった自分の道を決めて、事後報告してくる場合もあります。

生活リズムは完全に改善され、表情は一番苦しかった時期と比べると明らかに良くなります。

不登校になった自分を客観的に見れるようになり、まわりに不登校の理由をきちんと説明できるようになることが多いです。

今後のことを親子で一緒に考えよう

子どもにとって良い目標を一緒に考え、日々の努力を認め、励ましていきましょう。

好きなこと・得意なこと・興味のあることはどんどん応援しましょう。

学校に戻りたいと思っている様子が見られたら、学校の先生や友だちに呼びかけてもらえるようにお願いするのがよいです。

欠席日数が多くて進級の可能性が少ない場合は、留年して復学するか、別の進路を親子で一緒に考えましょう。

勉強の遅れを取り戻す必要があれば、本人の希望を聞いた上で、塾や家庭教師の利用を検討しましょう。

あわせて読みたい
不登校の時に勉強はすべき?おすすめの家庭教師は?塾はどう?こんにちは。不登校カウンセラーのタカジンです。 不登校になると学校に関することから目をそむけたくなります。 そして、先生や友だちと...

最後に

不登校,無気力,カウンセリング

無気力による不登校は、時間をかけてサポートするしかないのですが、引きこもるお子さんを見て、お母さんも一人で悩んでしまう場合が多いです。

そのため、信頼できる学校の先生やお友だちなど、相談できる人をなるべく作るようにしましょう。

もし相談相手がまわりにいなければ、有料にはなりますが、私のオンライン相談サービスを利用してもよいと思います。

また、お子さんには大学生の家庭教師が良き相談役になることもあります。

家庭教師の先生の高校時代や大学の話を聞くことで、学校や将来への関心が高まり、少しずつ気力を取り戻すことも多いです。

状況に応じて適切なサポートを選び、お子さんの回復を目指しましょう。

お子さんが明るく学校に行ける日を願っています。

不登校生の親向け
オンライン相談サービス

私は長年、不登校の家庭を支援していますが、自分自身も不登校の経験があります。

当時はすごくつらかったですが、その経験がいま不登校カウンセラーとしてとても力になり、これまで300名以上の不登校生を支援してきました。

不登校は子どもの成長のステップの一つであり、適切に対応すれば必ず次に進むことができます。

「どうすればいいか分からない」と悩んだ時は、ぜひお気軽にご相談ください。

詳しくはこちら

関連記事