原因・対応

子どもが母親から離れられない!母子分離不安の不登校への適切な対応

「子どもが自分(母親)から離れたがらない」

「そのせいで学校にも行きたがらない」

不登校のお子さんのご家庭をサポートしていると、そんなお悩みをよく聞きます。特に小学生のお母さんから聞くことが多いです。

こういった状態のことを「分離不安」「母子分離不安」と言います。

まだまだ甘えさせてあげたいけれど、

  • 良い友人関係を作ってほしい
  • 勉強に遅れて困ってほしくない
  • 自分にも仕事や家事がある

などの想いから「なんとか学校に行って楽しく過ごしてほしい」というのが親としての本音ですよね。

でも、無理に行かせようとすると、「余計に学校に行きたがらなくなるのではないか」という不安もあると思います。

そこで今日は

「母子分離不安による不登校の特徴

「母子分離不安による不登校の開始から克服までの4つのステップ」

「それぞれのステップにおける傾向と適切な対応」

の3つをお伝えします。

私は、自分自身の不登校を経験をもとに、今まで300人以上の不登校のご家庭を支援してきました。

適切な対応をすれば、母子分離不安による不登校は必ず乗り越えることができます。

それでは具体的に解説していきます。

ABOUT ME
タカジン
自分自身も不登校になった経験を活かし、300以上の不登校生の家庭を支援してきた不登校カウンセラー。不登校生の保護者の相談サービス『ぴあぽーと』を運営。

母子分離不安による不登校の特徴

不登校,母子分離不安,特徴

母子分離不安による不登校は、小学校の低学年に多いです。学年が上がるにつれて少なくなっていきます。

また、母子家庭や共働きの家庭の子どもに多く見られます。

つまり、その子にとって母親と一緒にいる時間が少なく、「まだお母さんと一緒にいたい」という気持ちが行動に現れている状態です。

主に以下のような行動の特徴があります。

  • お母さんと一緒でないと学校に行けない
  • お母さんの足にしがみつく
  • 学校を抜け出してお母さんの職場に来る
  • お母さんがそばにいれば友だちと遊んだり勉強したりできる

こういった背景や特徴があれば、もしかして「母子分離不安になっているのかな・・・」と理解してあげてほしいなと思います。

では次に、母子分離不安による不登校の4つのステップと適切な対応をお伝えします。

母子分離不安による不登校の4つのステップ

母子分離不安による不登校は、「逃避期」「苦悶期」「休息期」「回復期」の4つの時期に分類されます。

簡単に言うと、逃避期は母子分離不安が現れ始めた時期です。

対応がうまくいけばそのまま不安は解消され、元気に一人で学校に行けるようになります。

そうでない場合は、苦悶期→休息期→回復期を経て、学校に行けるようになります。

ステップ① 逃避期の傾向と適切な対応

不登校,母子分離不安,逃避

お母さんと一緒でないと学校に行けない

この時期は、母子分離不安が現れ始める時期です。

「友だちがいない」「先生が怖い」といった理由を並べて登校したがらなくなり、お母さんと一緒でないと学校に行けなくなります。

子どもによっては、学校でささいなことで泣き出すようになります。

家では、着替えや就寝など、今まで一人でできていたことができなくなることがあります。

友達の家などには行きたがらず、家で遊ぶことが多くなりますが、お母さんが一緒ならばどこでも大丈夫です。

甘えさせて子どもの気持ちを安定させよう

この時期は、お子さんの気持ちを安定させることを最優先にしましょう。

お母さんが一緒に遊んだり、スキンシップを多くしたりすることが大切です。

お子さんに不安な様子が見られたら、ギュッてしてあげたり話を聞いたりしましょう。

学校に行くのを嫌がる場合は、お子さんと一緒に学校に行くことや、保健室登校を先生に打診するなどの対応をしてあげてください。

また、学校の先生と綿密に連携をとり、お子さんの状況と対応について共通の認識をもつことを大事にしてください。

ステップ② 苦悶期の傾向と適切な対応

不登校,母子分離不安,苦悶

お母さんと離れられなくて不登校になる

このステップになると、朝になってもずっとパジャマのままでぐずぐずします。

お母さんが一緒に登校しようとしても、泣いたり部屋に閉じこもったりして、強い抵抗を示します。

お母さんのそばを片時も離れなくなり、赤ちゃん返りのような状態になったりします。

兄弟がいる場合は、お母さんをできる限り独り占めしようとします。

そして、片時も離れない子どもを安心させてあげようと対応するうちに、お母さんも精神的に疲れやすくなります。

また、ほかの子どもに比べて成長が遅れているように見えるので、子育てに自信を持てなくなってしまいます。

自分の支えも得ながら対応しよう

引き続き、お子さんの気持ちが安定するように努めましょう。

そして、そのために、お母さんも心の支えを上手く自分に用意してください。

自分の気持ちを旦那さんや親御さんに理解してもらい、どんどん助けてもらうように心がけてください。

また気兼ねなく話せる友だちに愚痴を聞いてもらうことや、趣味を大事にすることも重要です。

お子さんが強く登校を拒否する場合は、学校を休ませてあげましょう。

先生が家庭訪問にきた時は、お母さんが加わって、一緒に遊んだりして、リラックスしてふれあえる場面を作りましょう。

また、友人関係を途切れさせないように、可能ならば友だちに遊びに来てもらいましょう。

あわせて読みたい
子どもの不登校は旦那(父親)にどうすれば理解してもらえる?

ステップ③ 休息期の傾向と適切な対応

不登校,母子分離不安,休息

少しずつお母さんから離れられるようになる

まだまだ一人で学校に行くことを嫌がり、お母さんと一緒に行けたとしても保健室登校のような形式が多くなりますが、精神的に安定するようになります。

放課後に友だちが家に遊びにきても嫌がらず、楽しく遊ぶようになります。

行動できる範囲が少しずつ広がっていきます。

家庭訪問にきた先生にも自分から会うことができ、学校のことを話題にしたり、遊んだりすることができるようになります。

子どもが先生と一緒にいられるようにしよう

お母さんと一緒にいる時ほどではなくとも、先生に安心感が持てるようになればなるほど、子どもは学校に行きやすくなります

先生には定期的に家庭訪問にきてもらい、お子さんと一緒に遊んでもらうなどの交流を多く図ってもらいましょう。

また、家の手伝いなどでお子さんをほめ、自信を育くむ機会を多く持ちましょう。

遊び場所を家の周りから近くの公園などへ範囲を徐々に広げていき、家やお母さんから離れる力を少しずつ養うことも大事です。

お母さんからは少しずつ離れ、一人でできることが増える時期ではありますが、急ぎすぎると子どもが不安になります。

一緒に家にいるときは、お子さんの気持ちに沿ったスキンシップを継続的に大切にしてください。

あわせて読みたい
不登校経験者が語る「友だちや親のうれしかった対応・接し方」

ステップ④ 回復期の傾向と適切な対応

不登校,母子分離不安,回復

お母さんから離れても平気になる

家の中ではお母さんから離れ、一人で遊ぶ時間が増えてきます。

お母さんがいなくても、仲のよい友だちとならばと外でも元気に遊ぶようになります。

登校においては、引き続きお母さんを必要としつつも、教室まで送っていくのが校門までになり、校門まで送っていたのが通学路の途中までという風に、同行する距離が短くなっていきます。

保健室登校から、少しずつ教室でみんなと同じように過ごせる時間が増えていきます。

配慮を得ながら少しずつ登校にチャレンジする

お子さんの様子を見ながら、放課後の登校、保健室登校、お母さんと一緒の登校などを提案し、お子さんの希望を受け入れましょう。

ただし、登校する時間や帰る時間をお子さんや保護者と相談し、お子さんの負担にならないようにしましょう。

少しでも進歩が見られたらいっぱいほめてあげること、前日にできたことが翌日にできなくても受け入れてあげることを、忘れないでください。

お子さんは、3歩進んで2歩下がりながら前に進んで行きます。

しばらくは母親と一緒に登校することを先生方に伝え、母子への対応について理解してもらいましょう。

あわせて読みたい
保健室登校・別室登校とは?不登校の場合はどう活用すればいい?

まとめ

母子分離不安,相談

母子分離不安によるお子さんの不登校への対応は、特にお母さんの精神的・時間的負担が大きいのが特徴です。

子どもの変化や成長がなかなか見えず、お母さんが一人で悩んで疲れてしまうのです。

一人で抱え込まずに、よき相談相手を必ず見つけるようにしてください。

もし相談相手がまわりにいなければ、有料にはなりますが、私のオンライン相談サービスを利用してもよいと思います。

お子さんから不安が消え、明るく学校に行ける日を願っています。

不登校生の親向け
オンライン相談サービス

私は長年、不登校の家庭を支援していますが、自分自身も不登校の経験があります。

当時はすごくつらかったですが、その経験がいま不登校カウンセラーとしてとても力になり、これまで300名以上の不登校生を支援してきました。

不登校は子どもの成長のステップの一つであり、適切に対応すれば必ず次に進むことができます。

「どうすればいいか分からない」と悩んだ時は、ぜひお気軽にご相談ください。

詳しくはこちら

関連記事