友達・いじめ

いじめを担任の先生に相談しても解決しない時はどうすればいい?

こんにちは。不登校カウンセラーのタカジンです。

私はこれまでたくさんの不登校生の相談にのってきましたが、よくお聞きするのが、

「いじめられたのに担任の先生が解決してくれなかった」

というお話です。

もちろん、いじめられた時は、まず担任の先生に相談することが一番大事です。

でも、

「担任の先生に言っても解決しなかった」

「先生が全然解決に向けて動いてくれなかった」

という場合があります。

「担任の先生に相談するとチクったのがばれて余計いじめられる」という声もあります。

そこで本日は、担任の先生に相談をしてもいじめが解決しなかった場合にやるべきことをお伝えします。

ABOUT ME
タカジン
自分自身も不登校になった経験を活かし、300以上の不登校生の家庭を支援してきた不登校カウンセラー。不登校生の保護者の相談サービス『ぴあぽーと』を運営。

別の先生に相談しよう

いじめ,先生

先生も人間です。

いじめの相談をどれだけ聞いてくれるか、解決に向けてどう動いてくれるかは、個人差もあるでしょう。

だから、もし担任の先生に相談できないとき、相談してもうまくいかないときは、別の先生に相談しましょう。

できれば同じ学年の別のクラスの先生か、一番頼りがいのある先生を選んでください。

同じ学年を受け持っている先生なら、生徒の名前や性格を知っているので、状況を理解してもらいやすいはずです。

あとは、重鎮の先生、リーダーシップのある先生、厳しい先生なども、みなさんを守ってくれると思います。

別の先生に相談するメリットは大きく三つあります。

先生が対応を怠ることを防げる

一つ目のメリットは、担任の先生がちゃんといじめの問題に取り組むかどうかを、相談した先生が監視してくれることです。

先生といえど人間です。

担任の先生だけが知っている状況だと、先生が忘れてしまったり対応してくれないとそこで終わってしまいます。

ほかの先生の監視がついていれば、そういう事態を防ぐことができます。

チクったことがばれない

二つ目のメリットは、あなたが担任の先生に直接チクったことにはならないということです。

相談したことがバレないようにしてほしいというのは、念入りに言っておきましょう。

そうすれば、別の先生に相談したとはなかなか思われません。

仕返しを受けるのを防ぐことができます。

その後のいじめの抑止力になる

三つ目のメリットは、いじめてきた子たちには先生がどうやっていじめに気づいたかわからないということです。

それは、その後のいじめの抑止力になります。

考えてみてください。

いじめが起こっていることを同じクラスの誰かが言ったのか、ほかのクラスの誰かが言ったのか、ほかの先生が気づいたのか、いじめた本人たちは全くわからないんです。

そうなると、またバレることや先生に怒られることを恐れ、いじめができなくなります。

あわせて読みたい
【経験談】私が不登校になったきっかけ、理由、乗り越えた方法こんにちは。不登校カウンセラーのタカジンです。 私は長年、不登校のご家庭を支援していますが、自分自身も不登校の経験があります。 当時...

それでもダメなら逃げていい

不登校,転校

ただ、相談できる先生や頼りになる先生がいない場合もあると思います。

またいじめられるのがこわくて、担任以外の先生にも相談できない場合もあるでしょう。

相談できたとしても、解決しない時も残念ながらあります。

その時は、気に病むことなく転校することや、学校の代わりになる場所を探しましょう。

一番大事なのは、自分の身を守ることです。

今の学校にこだわる必要なんてどこにもないし、もっと良い学校はきっとあるはずです。

不登校生の受け入れ先や進路はたくさんあるので、居場所がないなんて思う必要はありません。

詳しくは下記のリンク先で紹介しています。

あなたは決して悪くありません。いじめた人たちが悪いんです。

どんな時も、自分の身を守ることを忘れないでください。

不登校生の親向け
オンライン相談サービス

私は長年、不登校の家庭を支援していますが、自分自身も不登校の経験があります。

当時はすごくつらかったですが、その経験がいま不登校カウンセラーとしてとても力になり、これまで300名以上の不登校生を支援してきました。

不登校は子どもの成長のステップの一つであり、適切に対応すれば必ず次に進むことができます。

「どうすればいいか分からない」と悩んだ時は、ぜひお気軽にご相談ください。

詳しくはこちら