原因・対応

日常生活に息切れして子どもが不登校になった時の適切な対応とは?

「今までは素直でまじめだったのに」

「突然不登校になってしまった」

不登校のご家庭を支援していると、どちらかというと優等生だったのに学校に行けなくなったという相談を受けることがあります。

これは「子どもが日常生活に息切れした状態」です。

「息切れ」は勉強やスポーツをがんばっていた子どもによく起こります。

また、中学一年生や高校一年生など、学校生活の負荷が大きく上がった時にも多いです。

親御さんとしては、これまで素直でまじめだったお子さんが突然不登校になってしまい、困惑してしまいます。

「どうしてこんな風になってしまったんだろう」

「なんとか以前のように戻らないだろうか」

そんな想いばかりが胸をよぎります。でも、無理に学校に行かせようとすると逆効果になるばかり・・・。

そこでこの記事では、

「息切れタイプの不登校の特徴

「息切れによる不登校の開始から克服までの4つのステップ」

「それぞれのステップにおける傾向と適切な対応」

の3つをお伝えします。

私は、自分自身の不登校を経験をもとに、今まで300人以上の不登校のご家庭を支援してきました。

適切な対応をすれば、息切れによる不登校は必ず乗り越えることができます。

それでは具体的に解説していきます。

ABOUT ME
タカジン
自分自身も不登校になった経験を活かし、300以上の不登校生の家庭を支援してきた不登校カウンセラー。不登校生の保護者の相談サービス『ぴあぽーと』を運営。

息切れによる不登校の特徴

不登校,息切れ,特徴

息切れによる不登校は、親の期待に応えたいという想いが強く、勉強やスポーツをがんばっていた子どもが多いです。

それまでは手のかからなかったお子さんが、ある日突然学校に行けなくなるのです。

特徴としては、まじめな性格で少し完璧主義な場合が多いです。

そのため、休むことへの罪悪感や不登校になった自分自身への失望を強く持ちます。

そして、そのような自分は誰からも理解されないと考え、周囲を拒絶する傾向が強いです。

こういった経緯や様子が見られるなら、「まじめすぎて息切れしてしまったのかな・・・」と理解してあげてほしいです。

では次に、息切れによる不登校の4つのステップと適切な対応をお伝えします。

息切れによる不登校の4つのステップ

息切れによる不登校は、「逃避期」「苦悶期」「休息期」「回復期」の4つの時期に分類されます。

簡単に言うと、逃避期は息切れによる傾向が現れ始めた時期です。

逃避期の段階で問題が解消できれば良いのですが、そのまま苦悶期に入ってしまうケースが多いです。

そして、苦悶期→休息期→回復期を経て、少しずつ元気になっていきます。

ステップ① 逃避期の傾向と適切な対応

不登校,息切れ,逃避

ある日突然、学校に行けなくなる

これまでは特に学校を休まなかったのに、ある日突然「学校を休みたい」と言い出し、段々休む日数が増え、いつの間にかずっと休むようになります。

朝は学校に行く意志をみせるものの、頭痛、腹痛、吐き気、めまいなどを訴えて学校に行けなくなります。

昼からは元気になり、夜には「明日は行く」と登校の意思表示をしますが、翌朝にはやっぱり行けなくなります。

子どもの気持ちを受け止めて休ませよう

これまでのがんばりと現在の不安を受け止め、本人にはしばらく休んでもいいことを伝えてあげましょう。

前日に行くと言っていたのに翌朝行けなくなっても、理解を示してあげてください。

安心感を与えてあげることが最優先です。

「学校に行っても行けなくてもどっちでもいいよ」

「そんなことであなたの価値は変わらないから、しばらく休んでいいよ」

「しようと思ってたけど、結局できないことっていっぱいあるよね」

そんな親の気持ちをお子さんは必要としています。

ステップ② 苦悶期の傾向と適切な対応

不登校,息切れ,苦悶

自分の殻に閉じこもって自分を責める

このステップになると、周囲との関わりを避け、自分の部屋に閉じこもりがちになります。

不登校の自分への罪悪感が強く、親が家にいたり起きている時間帯は、部屋で寝込むようになります。そして、親が家にいない日中や、寝静まった深夜に活動するようになります。

本人にとっても親にとっても、一番つらく苦しい時期です。

親に無理難題を要求したり、反抗的な態度をとったり、攻撃的な行動をすることもあります。

友だちとさえコミュニケーションをとろうとせず、食事は家族一緒にとらなくなります。

ひどい場合は、自傷行為もしてしまいます。

罪悪感を和らげてあげながら待つしかない

学校の先生には、家庭訪問や電話といった本人へのコミュニケーションはしばらく控えてもらいましょう。

先生とのコミュニケーションは、親御さんから電話で状況を伝えるだけで十分です。

他の家族には、不登校になったお子さんへの指示的な言葉や否定的な態度を控えてもらいましょう。

この時期だけはまわりには助けることができないのです。

現状を受け入れ、自然に接してください。

どんな言葉にも反抗したり無視したりするかもしれませんが、必ず心に届いています。

粘り強くお子さんの心が落ち着くのを待ちましょう。

あわせて読みたい
不登校生の心理とは?心の傷、治るきっかけ、親の適切な対応を解説私は、不登校生の支援活動をする中で、多くの不登校生の心にふれてきました。 その中で、不登校の子どもたちが苦しい心理状態にあることを強く...

ステップ③ 休息期の傾向と適切な対応

不登校,息切れ,休息

生活リズムが改善されて話ができるようになる

生活リズムが改善しはじめて、昼夜逆転の状態が少しずつ変わっていきます。

先生や友だちからの電話・メール・LINEといったはたらきかけに応えられるようになります。

表情も少し良くなり、家族とだんだん会話ができるようになります。

また、学校・勉強・進路といったことについて、自分から少しずつ話をするようになります。

あたたかいコミュニケーションをとろう

本人の興味や関心のある話を多くして、話を広げるように心がけましょう。

「そうなんだ」「すごいね」「よく知っているね」といった、肯定的な反応とほめ言葉をどんどんかけてあげてください。

関連記事