エリア情報

【四国】不登校生(中学・高校)におすすめの進路・受け入れ先

こんにちは。

不登校カウンセラータカジンです。

こちらの記事では、私が四国の不登校生におすすめする進路や受け入れ先をご紹介します。

小学生のものから高校生のものまで対象に幅広く紹介します。

良い受け入れ先や進路が見つかり次第、随時追加してまいりますので、よろしくお願いします。

ABOUT ME
タカジン
自分自身も不登校になった経験を活かし、300以上の不登校生の家庭を支援してきた不登校カウンセラー。不登校生の保護者の相談サービス『ぴあぽーと』を運営。

県立高松高校(香川県高松市)

概要

  • 名称:香川県立高松高校
  • 種類:全日制・定時制・通信制高校
  • 対象:中学を卒業した者
  • 住所:香川県高松市番町3丁目1−1

どんなところなのか?

香川県の県立高校ですが、公立の高校には珍しく、全日制・定時制・通信制の3つの課程を設けています。

全日制と定時制の両方を設けている学校は一定数ありますが、3つ全ての課程を設けている公立高校はめったにありません。

定時制では、毎日夕方から4時間の授業を4年間受けて卒業に至ります。

定時専用教室を使用するので、全日制のクラスの存在を変に意識する必要もありません。

また、少人数なので家族的な雰囲気ですし、先生のサポートもきめこまやかです。宿泊行事や遠足もあります。

通信制の課程では、毎日登校する必要はなく、「報告課題」というレポートが各教科ごとに渡されます。

それを解答して期限までに提出し、先生の添削指導を受けます。

難しくて解けない問題は、登校または電話による質問で解決することができます。

月に1~2回面接指導があるので、その時に質問したり、できていないところを教えてもらうこともできます。

不登校生におすすめする理由

県立高松高校を不登校生の受け入れ先としておすすめする理由は、定時制と通信制の二つの課程がある県立高校だからです。

まず、授業料は、その時の国の法律や県の条例・施策によって変わりますが、公立高校の金銭的負担が一番低いことは間違いありません。

そして、定時制と通信制の両方の課程があるので、両方の課程に籍をおいて登校頻度を自分にとって最適な形にすることができます。

科目Aは定時制で単位を取得し、科目Bは通信制で単位を取得するといったような形です。

もちろん、まずは通信制だけの状態からスタートして状況が変われば変更する事も可能ですし、その逆も可能です。

また、学校の環境が非常に良いのも不登校生の受け入れ先として魅力的です。

通信制課程だけの高校だと、ビルのようなキャンパスが多いのですが、全日制と併設しているため、グラウンドもある普通の広々とした高校です。

アクセスも高松駅から徒歩15分と非常に良い立地ですし、周囲には県庁・市役所・大学・公園があり、とても街の雰囲気が良いことも魅力的な点です。

都道府県別おすすめ通信制高校まとめ

もし、自分の住んでいるエリアで良い通信制高校を調べたい場合は、下記リンク先のページをご覧ください。

不登校カウンセラーとしておすすめできる通信制高校を都道府県ごとにまとめています。

ぜひご自身が住む都道府県のページを確認してみてください。

関連記事