原因・対応

子どもが不登校になった時ほど親は明るくいることが大切

こんにちは。不登校カウンセラーのタカジンです。

子どもが不登校になると多くの親御さんが心配なさいますが、不登校の子どもを心配してはいけません。

そう言われると、

「自分の子どもが不登校なのにどうして心配せずにいられるんだ!」

と思う方も多いでしょう。

でも、親は子どもの心配をやめなければいけないのです。

なぜならば、親の心配は、子どもの負担になるだけで何の役にも立たないからです。

ABOUT ME
タカジン
自分自身も不登校になった経験を活かし、300以上の不登校生の家庭を支援してきた不登校カウンセラー。不登校生の保護者の相談サービス『ぴあぽーと』を運営。

親が不安になると子どもも不安になる

親,不安

不登校になった子どもは不安な気持ちでいます。

ダラダラしているように見えても、心の底では

「これからどうすればいいのか?」

「学校にどうしても行けない」

という不安を抱えています。

だから、親まで一緒に不安になってしまうと、子どもにもその不安は必ず伝わります。

そして、心配するということは不安であるということです。

子どもがそれをどう感じると思いますか?

「お母さんが心配しているということは、やっぱり自分はダメなんだ」とますます落ち込んでしまうのです。

不安になるなとは言いません。

でも、親は子どもになるべく不安を見せてはいけません。

つらさを子どものせいにしない

親,つらい

また、心配したり不安を見せるだけならまだしも、親御さんも子どもの不登校の問題と向き合ううちに疲れてしまい、

「この子が学校に行ってくれたら全部解決するのに」

と思ってしまうことがあります。

お気持ちはよく分かるのですが、決してそんな風に考えてはいけません。

それは、「私が不幸なのはあなたのせいだ!」と子どもに言っているようなものなのです。

そうなれば、お子さまは自分に対する自信を失い、学校に行く気持ちや勉強への意欲をますます失うはずです。

まず親が元気に

人は誰だって必ず失敗します。

長い人生ですから、つまづくことやうまくいかない時は必ずあります。

大切なのは、子どもがどんな失敗をしても親が子どもを支えられるようにしておくことです。

だから、親は健康でなければいけません。

いつも明るく元気に楽しく過ごしましょう。

そんな親であれば、失敗した時に安心してあなたの元へ帰ってくるでしょう。

そして、すぐにまた元気になり、自分の道を歩き出すでしょう。

不登校生の親向け
オンライン相談サービス

私は長年、不登校の家庭を支援していますが、自分自身も不登校の経験があります。

当時はすごくつらかったですが、その経験がいま不登校カウンセラーとしてとても力になり、これまで300名以上の不登校生を支援してきました。

不登校は子どもの成長のステップの一つであり、適切に対応すれば必ず次に進むことができます。

「どうすればいいか分からない」と悩んだ時は、ぜひお気軽にご相談ください。

詳しくはこちら

関連記事